スタジオ防音遮音・音響性能デザイン性・事例施工事例お客様の声よくある質問会社概要
快適な音響空間

スタジオ防音・設計・施工は環境スペースで!

求められる音響条件

遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面 から考えますが、
スタジオやライブハウスの場合は室内で出す音が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないようにすることが
重要です。 また、幾つかのスタジオが隣接する場合も、隣のスタジオに影響しないような遮音設計が
必要です。 部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されますが、D値と聞こえ方はおおよそ下表のような
関係になっています。

この評価は一般 住宅であり、スタジオやライブハウスで、ロックのような大きな音を出した場合
2ランクほどずれてきます。
隣室の使用条件により必要な遮音性能は変わりますが、D-75~D-65程度が目標値となります。
音響条件

遮音・防振設計

遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面 から考えますが、
スタジオやライブハウスの場合は室内で出す音が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないように
することが重要です。 また、幾つかのスタジオが隣接する場合も、隣のスタジオに影響しないような
遮音設計が必要です。 部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されますが、D値と聞こえ方はおおよそ
下表のような関係になっています。 この評価は一般住宅であり、スタジオやライブハウスで、ロックのような
大きな音を出した場合2ランクほどずれてきます。 隣室の使用条件により必要な遮音性能は変わりますが、D-75~D-65程度が目標値となります。
■遮音等級と聞こえの関係(一般住宅)    「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より

遮音等級 D-65 D-60 D-55 D-50 D-45 D-40 D-35 D-30 D-25 D-20 D-15
ピアノ・ステレオ等
の大きな音
通常で
は聞こ
えない
ほとん
ど聞こ
えない
かすか
に聞こ
える
小さく
聞こえ
かなり
聞こえ
曲がハ
ッキリ
分かる
よく聞
こえる
大変良
く聞こ
える
うるさ
かなり
うるさ
大変う
るさい

■遮音等級と聞こえの関係(スタジオ・ライブハウス)

遮音等級 D-75 D-70 D-65 D-60 D-55 D-50 D-45 D-40 D-35 D-30 D-25
スタジオ
ライブハウス
通常で
は聞こ
えない
ほとん
ど聞こ
えない
かすか
に聞こ
える
小さく
聞こえ
かなり
聞こえ
曲がハ
ッキリ
分かる
よく聞
こえる
大変良
く聞こ
える
うるさ
かなり
うるさ
大変う
るさい

遮音設計では、直接音だけでなく、壁・床・天井に入射した音が物体内を伝搬し隣室に放射する音
(固体伝搬音)があるため遮音・防振構造(浮遮音層)が必要となります。
また、楽器の振動を伝搬させないような床の防振構造が必要不可欠となります。
隣接するスタジオ間も、独立した防振構造が必要となります。
苦情の多いスタジオでは、防振構造の無いところが非常に多く問題となっています。

■スタジオ防音・遮音概念図
遮音概念図

■ライブハウス防音・遮音概念図
遮音概念図

ライブハウスの良い室内環境をつくりだすために、室内の静かさが必要となります。
外部からの騒音及び内部の設備騒音です。内部の設備騒音の目標は下記に示す表より
NC-25~35程度になります。また、外部騒音は、建設場所の事前調査が必要となります。

NC値表

資料ダウンロード


お見積もり・お問合わせ

▲ページTOPへ